Among all, why Latin America?

全ての中で、なぜラテンアメリカ?

我社と共に世界でどこよりも速く発展している地方であなたが新しい見通しに

北米で電子商取引会社の推定数が1300万軒、一方で中南米では75万軒。飽和市場へ広めて現地とグローバルのライバルと競争しなくて、その代わりに新興市場に参入して先手を取った商社の利益を得ることが出来ます。

ラテンアメリカ人はお金を費やすつもりで、新しい購入オプションを探しています。現地の好みを調べて計画でその情報を集めて、イメージアップをはかるだけでなく、忠実な顧客の基盤を持つようになります。

お問い合わせ

中南米についての情報

600M

60,000人の住民

スペイン語とブラジルのポルトガル語

が主要な言語

24%

電子商取引市場が一年で24%伸び

60%

のインターネットの普及率

EBANXと共にもう地方で成功した商社:

  • Spotify
  • Airbnb
  • AliExpress
  • Udacity
  • Wish
  • Gearbest
  • Wordpress, by Automattic
  • Farfetch
  • JD.com

「EBANXはいつも信頼出来る現地のパートナーです。2014年から一緒にAirbnbやSpotifyなどのグローバル商社に最良のサービスをするのに頑張っています。我社のブラジルと中南米での一方伸びで、我社と我社の顧客を支えるために、EBANXとパートナーになってよかったです。」ータイース・フィッシュベールグ

Thais Fischberg, Head of LatAm Online Payment Acceptance at Worldline Global
(ポルトガル語:Thais・Fischberg)

中南米のWorldline Globalオンライン支払い受け入れの所長

中南米でどこへ広めますか?

規制とインフラで改善する事や金融アクセスや携帯ディバイス採用とインターネット普及と共に、中南米の国々に電子商取引ビジネスへ色々な機会があります。

                       

 ブラジル

オンライン市場の成長における主要国

国土と人口に限らなくて、ブラジルはオンライン市場伸びで一番で、中南米の電子商取引の販売の40%を代表します。

    • > オンラインで購入する人の中で48%は海外通貨の処理しない現地カードを使ってみます。それため、取引は出来ません。
    • 3,600万人以上のブラジル人のオンライン客はもうEBANXで国際サイトから購入しました。
中南米での一番広い国について英語のページでもっと見る

  メキシコ

オンライン小売収入は67億ドルに達するでしょう。

モバイル好きの若い人口と国際製品が簡単に入国されられるようにするフリートレード契約と共に、メキシコに2,300万人のオンライン客が住んでいて、2019年までにオンライン小売収益が$6.7Billionに及ぶ予測です。

  • 全ての電子商取引量の53%は現地デビットカードと現金払いで出来ています。
  • 人口の65%は銀行口座を持っていません。
メキシコの市場についての詳細は英語のページをご覧ください。

  アルゼンチン

平均消費率がラテンアメリカの他の国より41%高くて、アルゼンチン人は中産階級が過半数人の新しい販売オプションを探している社会です。

  • 3,500万人の接続されている顧客
  • 一年で電子商取引が50%伸び
アルゼンチンについて英語のページでもっと見る

ラテンアメリカ人はどうやって支払いますか?

ラテンアメリカ人が使っているオンライン取引の支払い方法はカードだけに限りません。実際に振込や現金バウチャーや現地カードで生活費を支払い、同じようにオンラインサービスや製品もそういう方法で支払いたいです。

そのため、あなたの中南米で持っているビジネスを広めたいなら、そのまた初めてその地方に参入したいなら、現地の支払い方法を申し受けることが成功の秘密である。

製品のそれぞれの種類をどうやって使いますか?

一般にラテンアメリカ人の消費習慣は他の方に比べると違います。それにラテンアメリカ人の中でもそれぞれのセクターやニッチ市場によって習慣が違います。購入する製品やサービスの種類によって好みが違います。

それで会社は目標人口統計を特定することに限らず、会社の業界に気を使って販売計画を立てる事が大事です。それはEBANXが知識と経験を組み合わせるときの主要目的である:あなたのセクターのキーニーズを満たすために我社のサービスを仕立てることです。

EBANXとともに中南米での販売を増やす

お問い合わせ